harg療法について調べてみる

harg療法は、2009年頃から日本でも実施されるようになってきた毛髪再生治療で、今までの育毛治療よりも効果がでやすいため画期的な育毛治療として注目を集めています。

ヨーロッパや韓国でも実績があり、日本でもこのharg療法を受ける人は増加傾向にあります。

harg療法は、脂肪幹細胞から抽出した成長因子とビタミン類などの栄養素を配合した「HARGカクテル」を頭皮に直接注入することで、休止していた毛母細胞を刺激して、発毛を流す治療です。

注入する方法は、レーザーで頭皮に小さい穴をあけて、HARGカクテルを浸透させる方法、頭皮の表皮にHARGカクテルを注射する方法、極細の張りがついた医療用ローラーを用いる方法などがあります。

幅広い分野の視点からwikipediaの情報がわかりやすく紹介されています。

注入する方法によっては、痛みが生じるため、施術中は麻酔を使う医療機関もあります。

注入方法は、治療を受ける本人の頭皮の状態などから決めることになります。

治療は、月に1回の投与を6回程度、約半年通うのが一般的です。

効果がでるのは、個人差もありますが、早い人で1か月ぐらいで、平均3か月目ぐらいから実感できることが多いです。

人によっては、効果がまったく得られないケースもあります。



治療を受けた翌日からシャンプーをすることは可能な場合がほとんどです。費用は、医療機関や治療範囲によっても違いますが、1回の投与につき10万前後が平均です。


トータルで100万前後はかかります。このharg療法は、男性だけでなく薄毛に悩んでいる女性にも効果があり、女性患者も多いです。